須磨温泉は実在する。

■ラストゴールデン。

ああーっ、ゴールデンウィークが終わってしまう......!

これが終わったら次の祝日が7月18日だなんて、むごい!!

いっときを思えばカレンダー通り休めるだけでも万々歳なんですけどもね。

でも、やっぱり祝日のウキウキした感じが当分来ないというのは寂しいですね。

 

金曜の勤務の時に、ゴールデンウィークにどこに行ったかみたいな話題になって、

「須磨温泉に行きました」と言ったら先輩がみんな口を揃えて

「ウソや! 須磨に温泉なんてあるわけないやろ!」といって笑うもんだから、

となりのトトロのメイちゃんみたいな感じになってしまった。

ホントに須磨温泉あったもん! 住宅地の奥に!!

 

というか、関西人ですら須磨に温泉がある事を知らないのか......

どんだけマニアック!

■花金。

最後のGWは土日を使って琵琶湖にでも小旅行してみるかと思い、

金曜はサッサと帰ろうと思ったら、先輩達から飲みに誘われた。

会社の飲みとかは嫌いじゃなくて、普段真面目な人たちが一変して

アホな話をし始めるのが面白い。

 

飲んで話してる内に物凄い楽しく酔っ払ってしまって、

飲み方がバカになってきて、気付いたら家の布団の上だった。

久しぶりに記憶無くすくらい飲んだなーと思いながら、

記憶の断片を拾い集めていたら色々おかしい事に気付いた。

 

・居酒屋で風俗の話をしていて、その勢いで先輩お勧めのヘルスに行く。

 ↓

・ヘルスで意識が曖昧な状態で??分を過ごし、「納品」できずに

店を出る。

 ↓

・家の布団の上

 

場面場面は思い出せるんだけど、経過が全然思い出せない。

1次会をどのくらいのタイミングで出たのかもわからない。

そして、恐らくヘルスを出た時点で先輩の事は完全に失念して

勝手に帰ったものだと思われる。....これはやらかしたなー!

 

貴重品一切が無事な事が不思議だし、帰れたのも不思議。

酒の飲み方は相変わらず覚えられんなあ。

中途半端に酔っても頭痛くなって気持ち悪くなるだけだから、

記憶喪失するくらい酔うのが一番楽しいんだけどね。その後がね。

 

もういっこ不思議だったのが、泥酔いだった割にいつもの

二日酔いの頭痛がしなかったのが自分でもビックリだった。

その夜は煙草を切らしていて禁煙状態だったのも関係あるのか?

飲み会中だけ禁煙するとかアリな気がしてきた。

■土曜

二日酔いで琵琶湖もクソもあるかチクショーと言いながら、午前中はひたすら

ボーっとスーパーロボット大戦を攻略してた。ゲームは楽しい! けど、

大学の頃ほど楽しくないな。あの頃は何をどれだけやっても時間が腐るほどあったから

良かったけど、今は「なんでゲームに一日使っちゃったんだろ.....」と憂鬱になる。

(平日の空き時間をTwitterで潰しまくってる人が言うような事じゃありませんが)

 

グレートと表現できるくらいの五月晴れ(グレート五月晴れ)だったので、

外出しなかったらこれは完全敗北だと思って外出。

とりあえず映画でも観るかと思って日本橋へ。

仮面ライダーの映画が終わらない内に観てしまいたかった。

 

映画まで時間があったので、二日酔いの体をひきずりながら街中を

プラプラ歩いていた。昼飯は回転寿司にした。二日酔いでも寿司はうまい。

 

久しぶりにメイド喫茶にでも行くかと思ってたら、街中でメイドさんから

ビラを貰った。「ふーん」と思って立ち止まって読んでたら、

「ご案内しましょうか?」といって案内してもらった。

日本橋をメイドさんと散歩するだなんて!僥倖!

「知らない人についていったらダメ」の言いつけを完全にぶっちぎってますね。

 

しかし、案内された店が物凄くケッタイな店だったのにはズッコけた。

飲み物・食い物の全てにタピオカが入っているという謎仕様に加えて、

店長と思わしき男が楳図かずおをヤクザにしたみたいな風貌であったこと、

また、店の内装が狂っていたことや、ドリンクが来たときに

「おいしくなあれ」というキチガイみたいな呪文を唱えさせられるなど、

「フツーのメイド喫茶」を求めていた者からしてみるとゲンナリするような

ギミックが満載の店だった。やっぱり知らない人についていったらダメだな。

 

■仮面ライダー映画

仮面ライダーの映画は大体ハズレを引くことが多いので観るのもアレだったんだけど、

観なかったら観なかったで後悔しそうなので、とりあえず抑えておく事にした。

今回は初代ライダー1号・2号にスポットライトをあてた作品で、

プラス歴代のライダー(昭和・平成)全てを出してしまおうというスゲエ映画だった。

全員のライダーをうまく動かすだけの尺があるわけないだろうと思いながらも、

やっぱりこういうのはワクワクして観てしまうよね。

 

感想は「しょ、しょーもな!」の一言だった。割とアニメ特撮には甘口だけど

なんというか正真正銘「子供だまし」の映画を観たような気がして

物凄い悔しくなった。いや、子供をだますのが特撮の意義といえば意義なんですが。

 

予想通り全ライダーを動かすだけの尺が無かったのは仕方が無いけど、

それにしても現在放送中のオーズですらなんか見せ場に乏しかったのは

やりきれない。アンクがダメな奴過ぎるとか、そもそもプロットが滅茶苦茶とか

ケチのつけようは色々あるんだけれども、「ライダー全部出せばオッケー」

みたいな所があったのはとても残念。

1カット1カットに、それぞれ特殊能力を使って戦うシーンを出しさえすれば

それなりに燃えただろうに。なんでこうなったかなー、おいしい食材を

ミキサーに入れてでろんでろんにしちゃったようなダメさを感じた。

 

 

こういう時に「いい歳して観るもんじゃないな」と思うんだけど、

頭の中にはいつでも「俺の考えた最高に面白いライダー映画」があるわけで、

なかなかカンタンに卒業できるわけでもないなと感じる。

理想が膨れ上がった特撮好きはめんどくせえな!

■日曜

7時半からのゴーカイジャー・オーズ・プリキュアの一連の流れを観る為に起床。

土曜は寝つきが悪かったので若干寝ボケながらの鑑賞。

「題名の無い音楽会」が始まって、眠気の波が襲ってきたので二度寝キメた。

これはダメな休日の黄金パターン...!(ニチアサからの二度寝)

 

その日もやっぱりグレート五月晴れだったので、外出しないと負けだ!といって

午後から強制外出。ホントに家でじっとしてるのがムリなのだ。

というか、家でやって楽しい事が昔と比べてグッと減ってる。

高校くらいの時は、部屋でひたすらイラスト描いたりして過ごせたもんだけどな。

 

 

以前東京から先輩が遊びに来たときに、新世界でやったスマートボールの事を

思い出して、ちょっとやりに行った。昼間の新世界で、ひたすら玉を突いては

穴に入れて遊んでいた。結構面白いくらいに入るので、100円で30分くらい

遊べる。一定のペースで大当たりになるので中々終わらず、途中で

ヤメて景品を貰って店を出た。(サクマ式ドロップとビスコ)

 

日本橋に遊びに行くときは、日本橋で下車するんじゃなくって新世界の方から

日本橋に向かうコースが楽しい。古い大阪の雰囲気が好きだ。

 

 

スマートボールをやったものの、それから何をすればいいか

わからなくなったので、競馬をやりに行った。最近全然できていないので、

たまにはひと勝負してみたくなった。

 

久しぶりに的中して1200円くらい儲けた。しかし、馬券の買い方を

考えるために喫茶店でオッズ表とにらめっこしながらウンウン唸っていた時の

コーヒー代などを考えると、あんまり勝てたような気がしない。

競馬で10万円くらいパコーンと当てたいんだけど、競馬に1日3000円以上

突っ込みたくないっていう考えもあって、中々めんどくさい。

ギャンブルを楽しみきれない体質なのかもなー。

 

 

レース後にブックオフに寄って、からくりサーカスと月光条例を

立ち読みした。漫喫でゴロゴロ読むのもいいんだけど、古本屋で

腰が痛くなるまで立ち読みした後の疲労感もまた気持ちが良いものでして......

全然ブックオフとか行ってなかったから、結構新鮮な気持ちで楽しめた。

またブックオフ篭りを休日の楽しみにしてもいいかもね。

ヘタな漫喫よりも漫画のバリエーションが豊富だし。

(巻が揃ってないと悲惨なんだけど)

 

帰り際にまた喫茶店に寄って、積んでた本をちょっと読み進めて、

ほったらかしにしてた情報試験の勉強をした。勉強というか、

解いた過去問から、自分が克服しないといけない範囲を割り出すという

勉強の前準備みたいなことをした。

 

 

一応若手なんだから、休日もマジメに仕事のための鍛錬を

やらなきゃいけないかなあって気もしてるんだけど、

自分を甘やかしがちで自己嫌悪に陥る事が多い。

こんな事でクヨクヨするくらいなら、いっそ何も考えずに

遊べばいいのにとは思うけど。

バリバリやれるタチじゃないなあ。

 

■気付けば

久しぶりに凄い文章量! きもい!!!

なんか溜まっていたのだろうか。あらかた出来事は列挙したので、

スッキリした感じで眠ります。おやすみ。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    たくみ (月曜日, 09 5月 2011 00:31)

    仮面ライダー映画はほんとしょーもなかったですね。期待してただけに残念。ラストもあれじゃまるで珍走団だわ。

  • #2

    yg0079 (月曜日, 09 5月 2011 00:40)

    全力で何か勘違いしたものをぶちまけられたような感じでしたねー。しかし、どっからバイクで空を飛ばせようなんてボンクラな発想が出てきたんでしょうね!